お知らせ 【重要なお知らせ】2022年6月22日にプライバシーポリシーを変更いたしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Mar

23

マテリアルズ・インフォマティクスの推進を加速させるためには?

Organizing : MI-6株式会社

Registration info

参加枠1

Free

FCFS
4/50

Description

■開催概要

近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘による研究開発から、データを活用して、より効率的に、また人が発見出来なかった素材を研究開発していくことが目指されています。また、デジタルトランスフォーメーション(DX)をどのように研究開発に適応するか?という観点からも、データと統計・データサイエンスを活用した素材の研究開発である、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)が注目されています。

MIの活用に関しては、画期的な成果を見出した報告例も年々増えている一方で、社内でのMIの利活用においてはまだまだ手探りの企業が多く、その方法を各社模索している状況です。

本セミナーでは、MI-6の執行役員の南部より、MI専業企業であるからこその視点で、企業のMI推進の参考になる視点を提供します。また、各社でのMI推進でも活用しているコンテンツの一部を抜粋して取り上げながらMIの基本から推進までお話させていただきます。

■参加費用

無料

■コンテンツ

はじめに5分
登壇者より講演 35分
質疑応答:20分(残りの時間)

■講演内容

「マテリアルズ・インフォマティクスの推進を加速させるためには?」
※内容は変更となる場合が御座います。予めご了承願います。

■登壇者

MI-6株式会社/執行役員 miHub事業部長
南部洋志(なんぶひろし)

東北大学大学院工学研究科修了(材料システム工学専攻)。大手メーカーにてGaNの結晶成長の研究開発、国プロ参画後、新規事業戦略策定に従事。その後、米系戦略ファーム、人材組織開発ファームを経て、SaaSとEdtechを推進する企業の代表に就任。現在は、MI-6にて事業開発部とmiHub(SaaS)の責任者。

■対象者

・「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」に関わる方(研究者、解析者、マネジメント層の方など)
・「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」に関心がある・初心者の方歓迎!
・MI-6のサービスに興味のある方

■申込締め切り

2022年3月23日(水)14:00
※申込が多数あった場合は事前に締め切らせていただく可能性がございます

■問い合わせ先

MI-6株式会社 事業開発部 bd@mi-6.co.jp

※ご登録いただくメールアドレスに、開催前日の参加者の確定を目処に事前案内のメールをお送りします。 迷惑メールの設定や、メールアドレスの記載に誤りによって、ご案内ができないケースがございます。 設定確認と登録アドレスに間違いがないよう、ご協力お願いいたします。
※同業他社企業のお申し込みはお断りしております。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

MI-6_syamashita

MI-6_syamashita published マテリアルズ・インフォマティクスの推進を加速させるためには?.

03/15/2022 19:01

マテリアルズ・インフォマティクスの推進を加速させるためには? を公開しました!

Group

MI-6株式会社

マテリアルズ・インフォマティクス専業

Number of events 40

Members 271

Ended

2022/03/23(Wed)

15:00
16:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2022/03/15(Tue) 18:30 〜
2022/03/23(Wed) 14:00

Location

(場所未定)

Organizer

Attendees(4)

hiro10

hiro10

マテリアルズ・インフォマティクスの推進を加速させるためには?に参加を申し込みました!

kakiiy

kakiiy

マテリアルズ・インフォマティクスの推進を加速させるためには? に参加を申し込みました!

threwly

threwly

I joined マテリアルズ・インフォマティクスの推進を加速させるためには?!

TakN

TakN

マテリアルズ・インフォマティクスの推進を加速させるためには? に参加を申し込みました!

Attendees (4)